>

相手に迷惑を掛けないように

相手が家にいる時間帯を見極める

時間を指定して荷物を送ることで、相手がいる時間帯に届けることができます。
知り合いに荷物を送るなら、時間を指定することを忘れないでください。
相手が仕事をしている人であれば、昼間は家にいないことが多いです。
その時間に届いても荷物を受け取れないので困ります。
夕方以降なら、帰宅しているのでしっかり受け取れるでしょう。

相手のことをよく考えて、配送してもらわなければいけません。
ですがあまりにも配達時間が遅くなると、それはそれで迷惑を掛ける可能性があります。
相手の仕事が忙しくて帰宅時間が遅くなっている時は、休日に配送してもらうのが良い方法です。
また、誕生日などに合わせて送りたい人がいるでしょう。
日にちの指定もできるので、誕生日に届くよう依頼しましょう。

どんな荷物が入っているのか

素材にガラスが使われているものは、非常に壊れやすいです。
ガラス製品を送る場合は、割れ物が入っているとしっかり記入してください。
すると宅配業者も、慎重に扱ってくれます。
せっかく荷物を送ったのに、相手に届いた時に割れていると困りますよね。
何も記入してない荷物でも、丁寧に運んでくれます。
ですが割れ物と書いていない場合は、トラックの中で1番下になってしまうかもしれません。

すると他の荷物から与えられる重さで、荷物が壊れることがあります。
割れ物や取扱注意と書いていれば、できるだけ荷物を上にしてくれると思います。
中身が壊れないよう、注意してほしいことは全て宅配業者に伝えてください。
トラブルの防止にも繋がります。


この記事をシェアする