相手に迷惑を掛けないように

知り合いに荷物を送る際は、相手が受け取れる時間を選択してください。 何も選択しない状態では、いつ届くのかわかりません。 相手が留守の時に届くと、再配達を依頼しなければいけないので面倒です。 必ず時間指定のサービスを利用してください。 また、どんな荷物が入っているのかも記入しましょう。

アプリを使って申し込める

自分で配達先の情報を記入するのが、面倒に感じる人がいると思います。 間違えたら何度もやり直すので、余計な時間が発生してしまいます。 最近はアプリで、申し込みを済ませられる宅配業者が増えています。 間違える心配はありませんし、費用も少し安くなるので非常にお得です。

賢くサービスを利用するために

みなさんは、どんな方法で荷物を送っていますか。 宅配業者に、自宅に荷物を引き取りに来てもらっている人が見られます。 しかしその方法は、料金が高くなることを忘れないでください。 安く済ませるなら、自分で持って行きましょう。 持ち込みの方が、安くなります。

料金を安くする裏ワザ

たくさんの荷物を送る場合は、料金が高くなってしまうことを気にしている人が見られます。
少しでも料金を安くしたいなら、自分で荷物を持ち込んでください。
持ち込みにすれば、自宅に荷物を取りに来てもらった時に比べて200円ほど安くなります。
たった200円と思うかもしれませんが、1つの荷物に発生する金額なので、たくさんの荷物を送る際は大きな削減に繋がります。
コンビニや郵便局を利用して、荷物を送るのがおすすめの方法です。

また、時間指定を利用するのも良い方法です。
荷物を送る時に、相手がいない時間に届いてしまったら、相手が再配達を申しこまなければいけないので手間を掛けます。
相手が確実にいる時間帯を選択すれば、面倒な手間を掛ける必要はありません。
荷物を知り合いに送る際は、相手が家にいる時間帯を見極めてください。
昼間は仕事に行っていて、家にいないことが多いです。
夕方から夜の時間帯であれば、帰宅しているのでしっかり荷物を受け取れるでしょう。

アプリを利用して、荷物を送る作業を簡単に進められるサービスがあります。
通常は、自分で配達先などを手書きで記入しなければいけません。
ですが住所を間違えたり、わからなくなってしまったりすることがあります。
アプリなら簡単に入力できるので、間違えることはありません。
送り先の住所がわからなくなっても、すぐに調べられます。
アプリから申し込むことで、通常より安くなるなど様々なメリットもあります。